宅配の歴史を知ろう

>

飛脚のその後を知ろう

タクシーも飛脚

現在は、タクシーという交通手段があります。
目的地を言えば運転して行ってくれる便利なシステムですが、その始まりも飛脚だと言われています、
明治時代にも似たような職業が生まれて、元々は飛脚だった人がタクシーの仕事をするようになりました。
宅配の歴史を知ると、タクシーにまで飛脚が関わっていたことが判明します。

今は車を使うので、短時間で目的地まで到達することができます。
ですが明治時代は人間が籠にお客さんを乗せて走っていたので、遠くまで行きたい時は1日から2日ほど時間がかかっていたと言われます。
そこが少し問題点ですが、自分の足で歩くよりかは飛脚に任せた方が楽だし、何倍も速いとほとんどの人が判断していたようです。

いろんなものが変わった

飛脚ができた頃は、高価だったと言われています。
ですから、一般庶民が頻繁に使うのは少し難しかったようですね。
ほとんど偉い立場の人が、物資などを届けたい時に依頼していました。
ですが、一般のお客さんにでも気軽に使えるように、江戸時代の後期から価格を下げました。
現代の宅配便と同じような価格になったので、これまでは使えなかった一般人からの依頼も増えました。

今は誰でも当たり前に使っている宅配ですが、時代を遡ると気軽に使えなかったことが分かります。
大きく変わったのは、価格が下がった頃だと判断できますね。
価格を下げても、依頼の量が増えたので経営状態に悪影響はなく、むしろこれまでよりも活躍するようになったと言われます。