宅配の歴史を知ろう

>

飛脚とは何か

馬が使われていた

現在は、宅配をする時に様々な乗り物が使われます。
道路を進む時はトラックが使われますし、海の上なら船、空なら飛行機で輸送されます。
便利な乗り物が増えましたが、江戸時代はそんな乗り物は存在していませんでした。
では何を使って運んでいたのかというと、馬です。
宅配業に就いている人は、馬に乗って頼まれたものを運んでいました。

それが宅配の始まりだと言われ、飛脚が変えた歴史になります。
従来の飛脚は人間の足だけを使って運んでいましたが、それでは効率が悪いことに気づきます。
急ぎの荷物でも安心して運ぶことができるように、足の早い馬を使うようになりました。
おかげで現在のように、頼んだ荷物が短時間で届くようになったと言われています。

時々は人力車を使う

大きな荷物を運ぶ時は、人力車という乗り物が使われていました。
飛脚というと、荷物を棒にぶら下げて走って運ぶというイメージが思い浮かぶと思います。
確かに軽い
荷物の場合は、その方法で十分運ぶことができました。

しかし時には、大きくて重い荷物を依頼するお客さんも見られました。
その時は、棒に釣るして運ぶ方法では負担が大きかったと言われています。
負担が大きくなれば、運ぶスピードが遅くなるのでお客さんの迷惑になってしまいます。
人力車を使えば、重い荷物でも簡単に運ぶことができたので効率良く仕事を済ませられるようになりました。
宅配の歴史が変わったのは、飛脚がいろんな乗り物や道具を使うようになってからだと言われます。